屋内測位技術と顧客データ / モノ・設備データを組み合わせると、次のようなことができます。

作業者・車両位置情報

現場作業者や小型車両など位置情報を可視化。

 

現場情報

設計・施工情報の変更や、資機材の移動、作業者の入れ替わり情報など日々の変化する現場情報を重畳。メッセージ機能も対応可能です。

 

関連データ

地方自治体の画像、航空写真、衛星画像などのサードパーティ データを活用できます。

 

装置稼働情報

建設機械のステイタス情報も一括管理になるように組み込み・カスタマイズ開発が可能です。

 

屋内施設マップ

施設CAD情報をベースに屋内施設マップを作成。Google Maps など他の地図に重畳することも可能です。

シチュエーション

iField indoor ならこんな測位が可能です。

お問い合わせ

お見積りから開発のご相談まで、マルティスープにお気軽にお問い合わせください。