BLEBLE Beacon測位

Beacon測位

Beacon(ビーコン)とは、Bluetooth Low Energy(BLE)を使って電波を発信する装置です。 この安価で扱いやすい装置を屋内空間に網羅的に設置し、位置測位対象となるスマートフォン等の位置情報を推定します。 また、逆にモノの位置を測位した場合は、モノ側にBeaconを携帯し、スマートフォンやタブレットを受信装置として活用することも可能です。 GPSでの位置測位が出来ない屋内での位置推定技術の中でも、汎用的な装置、端末を利用することが 可能なため、コストパフォーマンスの高いソリューションとしてご提供できます。

位置推定型

作業者など動態の移動の軌跡を取得するのに向いている測位方法です。設備にBLE Beacon(発信機)を設置、作業員あるいは動態側がスマートフォン(受信機)を所持します。スマートフォンで受信した複数のBeacon情報(複数の識別情報+電波強度)から受信機の位置を推定します。

近接型

薬液注入場所など特定したい作業工程(場所)を取得するのに適した測位方式です。位置推定型と同じく設備にBLE Beacon(発信機)を設置、作業員あるいは動態側がスマートフォン(受信機)を所持しますが、スマートフォンで受信した特定のBeacon情報(特定の識別情報+電波強度)のみより受信機の位置を推定します。

ゲートウェイ型

ゲートウェイ型は、位置推定型・近接型とは異なり、設備にはIoT ゲートウェイ(受信機)を設置、作業員あるいは動態側はBLE Beacon(発信機)を所持します。IoTゲートウェイが受信した特定のBeacon情報(特定の識別情報+電波強度)から、発信機の位置を推定します。

IoTゲートウェイ:端末内にSIMを装着もしくは現場内のWi-Fi環境を利用し、受け取ったBeacon情報をもとに、位置を近接的に測位する。

UWB測位

Ultra Wideband(UWB, 超広帯域)無線を利用したリアルタイム位置測位システムは、測位対象物(人、製品、部品、工具、設備など)に取り付けたタグが発信する電波を屋内に設置されたセンサー(30m~40m間隔)で受信し、個々のタグの正確な位置を特定します。8.5~9.5GHzの周波数帯に対応したタグとセンサー(受信機)を使用しているため、屋内に存在するタグの位置をリアルタイムで、より高精度な測定を可能です。世界の大手自動車製造会社やトップクラスの製造企業で採用されている測位方式です。

Wi-Fi測位

Wi-Fiを使っての測位は、設置された複数の無線LANアクセスポイントのビーコン情報をもとに位置を計測しています。無線LANアクセスポイントは既に様々な場所で設置されており機器設置のハードルは低いといえます。
周辺の無線LAN装置の情報を集計することにより、その場に存在する人(スマホ端末など)を把握したり、滞在時間の把握も可能かつ、人の流れ(人流)の推定が可能です。にぎわい度合いの可視化のためのデータ収集にもご利用いただけます。
参考:Koozyt「DF.sensor」
http://www.koozyt.com/service/dfsensor

PDRデッドレコニング(自立航法/慣性航法)測位

GPS測位型、Wi-Fi測位型とは異なり、デッドレコニングとは各種センサから取得した値から、その対象がどの方向、方角にどの程度の力で移動したのかを判定し、現在位置からの想定位置座標を測定することで対象物の現在位置を特定していく測位方式です。車載型のカーナビゲーションは、GPSでの測位も現在地特定に利用はしていますが、ほとんどの移動情報は車体から取得する車速パルス、ジャイロ、加速度センサなどの値で現在位置を測定しています。このような方法を「自律航法測位/慣性航法測位」と呼びます。
弊社では 独立行政法人 産業技術総合研究所 が開発したPDR(Pedestrian Dead-Reckoning)センサモジュールを利用した人の位置情報把握を実現し、さらに他の絶対位置測位方式と連携したSDF(Sensor Data Fusion)測位により高精度でより詳細な人の動作把握を行うことを可能とします。

地磁気センサー測位

地磁気測位は、構造物を支えるための鉄骨や鉄筋に含まれる磁力を、地磁気センサーにより計測し、現在地を推定する測位技術です。測位を可能にするためには、まず対象の建物の地図および場所に基づく時期情報データが必要です。インフラ設備の追加が基本的には不要で、導入が早く行える点は大きなメリットです。

IMESIMES(Indoor MEssaging System)測位

IMESとは、GPS衛星と同等の信号を用いる屋内測位方式で、GPS衛星からの電波の届きにくい屋内においても正確に位置を求めることが出来るように考えられたシステムです。 IMES方式は、日本の測位衛星システムである『準天頂衛星』の枠組みから発案され、IMES送信機は、その場所の位置情報をメッセージとして送信します。この方式が標準化された場合には、GPS受信機(*IMES対応のGPS受信機)を搭載した端末であれば、特別なハード追加なしで高精度な位置情報を利用できるため、スマートフォン、携帯電話などGPS受信機を組み込むことのできるあらゆる機器での利用が期待されています。

音波測位

スピーカーから発生される超音波をスマートフォンで受信し、屋内での絶対測位を誤差30cm程度での高精度で実現が可能です。天井など設備に、超音波(不可聴音)を発信する発信スピーカーを設置します。こちらのスピーカーを設置することで、広く天井の高い工場でも測位が可能であり、吹き抜けなど対応が難しいと考えられている場所でも測位精度が変わらず測位可能です。

RFID

RFID(Radio Frequency IDentifier)とは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能であるため、パレット等の入出庫管理に利用されています。施設設備にリーダを取り付け、タグ(パレット等についている)を読みとることにより正確な位置情報が取得可能です。他の測位技術と併用して利用される場合もあります。

衛星測位

GPS測位
Global Positioning System(GPS, 全地球測位システム)は、上空にある数個のGPS衛星からの信号をGPS受信機で受け取り、受信者が自分自身の現在位置を知るシステムです。スマートフォンやカーナビゲーションなど普段の生活でなじみのあるさまざまな端末で位置を測位することが可能です。

準天頂衛星システムと高精度測位
準天頂衛星システム(Quasi-Zenith Satellite System, QZSS)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されてる日本の衛星測位システムです。4機以上の衛星で衛星測位は可能ですが、安定した位置情報を得るためには、8機以上の衛星が見えることが必要とされています。GPS衛星は地球全体に配置しているため、地球の裏側で見えない衛星があり、どの地点でも概ね6機程度しか見ることができませんでしたが、GPSと互換性を持った準天頂衛星と合わせると、安定した高精度測位を行うことが可能になります。(参考:内閣府)

お問い合わせ

お見積もりから開発のご相談まで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類を選んでください
業種を選んでください
送信ボタンをクリックして、問い合わせを完了してください。

当社では、お客様がお問い合わせの際に必要な個人情報または、 お問い合わせ内容等につきましては、お問い合わせの回答の目的のみに利用します。